老眼を予防したいなら優良サプリを生活に取り入れよう

目の老化現象を防ごう

ウーマン

毎日の努力が大切です

人間は年齢を重ねるごとに体に関する様々な変化が訪れます。それは目にも当てはまり、老眼と呼ばれる現象がそれに当たります。老眼は40歳ごろから始まる方が多く、小さな文字が読みにくくなったり、ピントが合わなくなったりしてきます。これが老眼の始まりだと言えます。この現象は誰にでも起こりうるのですが、少しでも進行を遅らせたり予防する方法はあります。老眼は老化現象だから仕方がない、と思って放置されている方も多いと思いますが、老眼鏡もかけずに放置しておくと眼精疲労を起こし、肩こりや頭痛や吐き気などを引き起こす場合があります。そのため適切な対処をする必要があります。もし老眼を感じることがあれば、簡単なトレーニングから始めることをおすすめします。まず近い物と遠い物を眺めるトレーニングです。そばにある物を数秒見つめ、その後外の景色など遠い物を数秒見つめます。これを何度か繰り返します。また目の開閉を数秒かけてじっくり行ったり、眼球を回すといったトレーニングもあります。これらを一日数回程度で良いので行うと予防につながると言えます。次に紫外線を浴びないように心がけるということです。外出する際はサングラスなどをされると予防につながります。また食生活の改善も予防効果があります。目に良いとされるルテインやアスタキサンチンやビタミンCなどを多く含む食品を取り入れることで、予防効果が期待できます。ルテインはホウレンソウやカボチャなどに含まれており、アスタキサンチンは鮭やイクラ、ビタミンCは果物やピーマンなどにも多く含まれています。このような栄養素を含んだ食材をまんべんなく摂取する事もおすすめです。老眼は65歳くらいまで進行します。しかし予防することで進行を遅らすこともできるので、是非試していただきたいと思います。

To Top