老眼を予防したいなら優良サプリを生活に取り入れよう

加齢による悩みを解決

目元

見えづらいの原因を探る

高齢者に多く見られる老眼は、目が見えづらくなる症状です。若い頃には当たり前のように見えていた距離でも、老眼になると見えづらくなってしまいます。新聞の文字が読みにくくなったり運転中の信号が見えにくくなるなど、老眼が進むと生活にも支障をきたします。ある程度であれば予防することも可能なので、仕組みを知って対策しておくことが大切です。そもそもの原因は、人間が物を見ようとするときに使う目の機能が低下しているためです。目はレンズの機能を備えており、水晶体と毛様体を組み合わせてピントを調節しています。特に重要なのが毛様体に付いている筋肉で、近くの物を見た後に遠くの物にすぐにピントを合わせられるのはこの筋肉による働きです。年を取ると、これらのピントを合わせる際に動作する部位の機能が低下します。毛様体筋は筋肉としての機能が衰え、水晶体の厚みを変えられなくなります。水晶体自体も加齢によって硬くなってしまい、思ったようにピントが合わなくなります。高齢のせいで目の機能が低下してしまうのが、老眼の原因です。では年を取ると老眼は仕方がないのかというと、そんなことはありません。適切な予防方法を実行しておけば、ある程度は進行を遅らせることが可能です。予防方法として効果的なのが、同じ場所を見続けないというものです。新聞やテレビのように、同じ場所を長時間見続けてしまうと、ピントを調節する筋肉の機能が低下します。一箇所を見続ける時間を短くし、近い場所を見た後は遠くを見るといった予防方法を実践することで機能の低下を抑えることができます。

To Top