老眼を予防したいなら優良サプリを生活に取り入れよう

生活改善と栄養摂取が大切

目元

目に優しいアントシアニン

老眼はピント機能が低下して近くが見えなくなる症状です。最近のスマートフォンやパソコンの過度な使用状況により早い人は30代後半から始まります。高齢になるにつれて症状が進むために、進まなくすることは難しいですが、今のうちから予防策を考えておきましょう。現在近視のメガネを掛けている人がデスクワークが中心の仕事をしている場合、老眼になると急激な眼精疲労に陥ります。予防策は少し弱めの近視のメガネを使用することで眼精疲労を軽減させてくれます。近くを長時間見ていると、眼精疲労と共に乱視が強まる場合があります。老眼は毛様体筋の低下が原因ですが、その前兆としてこの乱視が発症することで、近くだけでなく遠くもにじんだような見え方になります。基本的に眼を酷使している生活環境がある場合、なかなか休憩時間が作れないと考えがちですが、寝る一時間前にはパソコンやスマートフォンの使用をやめ、LEDなどの青色光を見る機会を減らしていくとその日の寝つきが良くなり、よい睡眠に繋がります。老眼は目の疲労が継続的に残ることで生じやすくなります。生活環境を整え質の良い睡眠をとり、疲れを次の日に持ちこさないことが老眼予防に繋がっていきます。また、老眼対策として、目に必要な栄養を積極的に摂取するという方法もあります。アントシアニンという栄養素には、身体の老化を抑える抗酸化作用があります。アントシアニンはブルーベリーに含まれていることで有名ですが、ブルーベリーからアントシアニンを十分量摂取することは難しいので、老眼の予防にはサプリメントを活用しましょう。

加齢による悩みを解決

目元

年を取ると目が見えづらくなります。これは老眼と呼ばれる症状で、新聞の文字や遠くの物にピントが合いにくくなるというものです。目にはピントを合わせる機能があり、加齢が進むとそれも低下します。普段から一箇所を見続けるといったことをやめるなどの予防策を実践することが大事です。

もっと見る

目の老化現象を防ごう

ウーマン

老眼は誰にでも起こりうる現象ですが、放置しておくと眼精疲労を引き起こし頭痛などをもたらします。そのため老眼を感じたら予防することが大切になります。予防方法として目のトレーニングや紫外線を浴びないことが挙げられます。またルテインなど、目に良いとされる栄養素を含んだ食品を毎日摂取することもおすすめです。

もっと見る

目の不調に気づいたら

眼鏡

老眼になると近くのものが見えにくい、目が疲れやすくなるなど様々な不調が出てきますが、目を休める、目の運動を行うなどで悪化を予防することもできます。紫外線も目の老化を促進させますので、サングラスなどで目を保護してみましょう。

もっと見る

To Top